×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下久保ダム・神流湖下久保ダム・神流湖

ダム情報

下久保ダムは、群馬県と埼玉県の県境を流れる神流川に建設されたダムである。

このダムの特徴は、天端部分が途中から直角に折れ、L字型になっていることである。非常に珍しい。天端部分は県道になっており車が通れるようになっている。ちょうど洪水吐きの上部あたりが群馬県と埼玉県の県境。因みに直角に曲がる部分は駐停車厳禁。

ダムのすぐ下流が三波石峡。三波石峡の少し下流には神水ダムがある。

所在地群馬県藤岡市保美濃山
地図 [google]
形式重力式コンクリートダム
水系利根川水系神流川
ダム湖神流湖 (かんなこ)
管理水資源機構

ダムの諸元

用途発電
堤高20.5m
堤頂長128.0m
堤体積19.000立方m
流域面積337.8平方km
湛水面積8ha
総貯水量235.000立方m
有効貯水量200.000立方m

その他

注意点

天端部分の直角に曲がる部分の道路では車の駐車だけではなく停止も禁止されています。ダム湖半に駐車場があるのでそちらを利用しましょう。歩道は整備されています。

関連リンク

ダムの写真

下久保ダム

ダム全景。ダムの天端が途中でほぼ直角に曲がっているのが特徴(写真左側)。堤高128m。

下久保ダム

天端部分。

下久保ダム

天端部分を後ろから。写真中央が水門。

下久保ダム

山の上にあるのがダムの管理施設。

下久保ダム

減勢工。

下久保ダム

下流方向。

最終更新:2008年8月15日
作成:2005年6月17日

ホームへ


Copyright © 2005-2008 tabito note ,All rights reserved.