×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

野反ダム・野反湖

野反湖畔に咲く花々や、周囲の原生林の緑がつくりだす、美しい自然景観

野反ダム

野反ダム情報

所在地群馬県吾妻郡六合村大字入山
地図 [google]
形式ロックフィルダム
水系信濃川水系中津川
ダム湖野反湖 (のぞりこ)
管理東京電力

野反ダムの諸元

用途洪水調節、農地防災/不特定用水、河川維持用水/上水道用水/発電
堤高44.00m
堤頂長152.50m
堤体積184,000立方m
流域面積9.3平方km
湛水面積180ha
総貯水量28,700,000立方m
有効貯水量28,400,000立方m

野反ダム 紹介

野反ダムは、信濃川水系に属するダムで、群馬県六合村に位置している。

ここはなんといっても野反湖が生み出す自然景観が素晴らしい。本当に素晴らしい。湖畔に咲く花々や、周囲の原生林の緑が美しい自然景観を作り出している。湖畔や近くの山は散策路が整備されているので、花などの自然を楽しむには断然お勧めの場所である。

野反湖を作り出しているのがロックフィル式の野反ダムである。ロックフィル式であるが岩の大きさが全体的に小粒であり、所々から草も生えている。それもそのはず、竣工は1956年だそうである。

写真等 訪問時期 -2005.6.24-

ダムの湖側 天端

ダムの湖側。ロックフィル式のダムだがこちらはコンクリート。

普通車のみ通行可能な道路。奥にある建物はロッジ。

減勢工 洪水吐

水が出てくるであろう場所。東京電力関係者以外は下に下りることはできない。

自由越流式の洪水吐。ダム右岸側にある。

野反湖全景 湖畔

ひたすら山道を走ってくると突然視界が開け、このような景色が眺められる。写真を写している場所から10メートルくらい後ろが分水嶺。よってここは日本海側。群馬県なのに日本海側。

こんな感じで湖の周りには遊歩道が整備されている。

花

写真だと、あんまり分からないかもしれないけど、ここら一体はこんな感じで花が咲いている。とても綺麗。

アクセス

最寄IC(関越自動車道渋川伊香保IC)

(渋川伊香保ICより)国道17号北上 → 国道353号西進 → 国道145号西進 → 国道292号線北上 → 国道405号道なり → 最終地点が野反ダム

その他

注意点

野反湖へは群馬県側からしか行くことはできません。 国道405号線は冬季期間は閉鎖されます。
自然環境を守りましょう

関連リンク

最終更新:2008年6月24日

ホームへ


Copyright © 2005-2008 tabito note ,All rights reserved.